NEW Fire 7 タブレット - 7インチディスプレイ 16GB (2022年発売) レビュー

NEW Fire 7 タブレットを購入して1か月ほど使ってみたのでレビューします。

総評:値段の割に使い勝手が良い

6980円で買えるタブレットにしてはコスパと使い勝手は良いです。

初めてのKindle端末なので失敗してもいいように一番安いNEW Fire 7 タブレットを購入したのですが、防水対応のKindle Paperwhiteを購入してもいいなと思いました。

良かった点

個人的に良かった点を4つ紹介します。

値段

タブレットで6980円というのはかなり安いと思います。

安い分性能を気にしていたのですが、動画、読書、ニュースを見る、ブラウジング程度の用途であればメモリ2GBでもそこまで気になりませんでした。

Webページの表示は高速というわけではなくまあ耐えられるかなという程度なので、より快適に使いたい場合は上位モデルをおすすめします。

野良APKに対応している

本体の設定を変更することで外部からダウンロードしてきたアプリを使用することができます。

それによりAndroidタブレットと似たような使い方をすることができました。

私が入れているアプリはこの画像の通りで。動画、音楽、マンガ、ニュースなど幅広い用途で活用しています。

しかし、GooglePlay開発者サービスという機能がこの端末には備わっていないため、Youtubeアプリを入れることはできません。

持ち運びができる

7インチとタブレットにしては持ち運びがしやすいサイズとなっていて、外出する際はリュックに入れて電車やバスに乗るときにあらかじめダウンロードしておいた動画を見ています。

イヤホンジャックも搭載していて、Bluetoothイヤホンにも対応しているので使いやすい方を使えるのも魅力です。

MicroSDに対応している

MicroSDに対応しているので、16GBでも容量を増やすことができます。

SDカードリーダーやAndroid端末があればデータを移行できて大変便利だなと思いました。

気になった点

次は使ってて気になった所を4点紹介します。

simカードが刺せない

値段や用途を考えると仕方がないのですが、simカードをさせないのでモバイル通信ができません。

なので外出時に使うときはあらかじめダウンロードをしておくか、ポケットWi-Fiテザリングなどを使用する必要があります。

Android化ができない

Kindleタブレットは物によってはAndroid化することができ、GooglePlayストアなどのインストールができるようになります。

それができればYoutubeアプリを入れられて更に便利になるのですが、公式が推奨している行為ではないので仕方ありません。

画面の反射が気になる

画面が反射しやすく、室内で使用していても結構気になります。

室内ならまだいいのですが、外で動画を見るときは人によっては若干見にくいかもしれません。

防水がない

防水機能はないので、風呂などで読書はできないです。

私は浴室内に端末を持ち込む派なので、次に購入する時は防水対応端末にしたいなと思いました。

NEW Fire 7 タブレットはちょうどよいエントリーモデル

以上がNEW Fire 7 タブレットを一か月ほど使った感想でした。

多少は気になるところがありましたが、この価格でタブレットが買えてながら読書できるのは本当に便利です。

ぜひ購入してみてください。

Fire 7タブレット | 2022年発売第12世代